世界のイノベーション戦略 @Dubai Expo 2020

ドバイで World Expo 2020 UAE が開催されています。2020年ドバイ万博は、中東で開催される初めての万博イベントです。 2013年11月、UAE政府は2年にわたる計画と努力の末にこの偉業を達成しました。 BIEに万博開催を提案し、164カ国中116カ国の支持を得た後、夢の夜が訪れました。その夜、ドバイでは世界一高いビルであるブルジュ・ハリファの周りで花火を上げて祝いました。

Mirai Group Japan のCEOイスマイルがドバイ Expo 2020 を実際に訪れ、世界のイノベーション戦略についてレポートします。

シンガポール - 自然。育む。未来。

シンガポールのサステナビリティの歩みは、環境問題が世界的な関心事となる以前の、独立直後の1965年に始まりました。当時はまだ若い発展途上国で、高い失業率、未熟な労働力、不衛生な生活環境、適切な公共インフラの欠如といった問題に直面していました。リー・クアンユー首相は、コンクリートで固められた都会のジャングルは人間の精神を破壊するものであり、人間の精神を高揚させるためには自然の緑が必要だと考え、シンガポールの緑化という大胆なアイデアを打ち出しました。

慎重かつ統合的な都市計画と開発により、シンガポールは世界で最も人口密度の高い国の一つであるにもかかわらず、現在では世界で最も緑の多い都市の一つとなっており、緑地面積は1986年の35.7%から現在ではほぼ50%にまで拡大している。都市景観に緑が浸透しているのは、過去数十年にわたる献身的かつ持続的な努力の結果である。将来、シンガポールは「自然の中の都市」を目指し、人々が動植物と調和した生活を送ることで生活の質を高め、ストレスの軽減、ポジティブな気分、認知力の向上など、生物自己保存能の恩恵を享受することができるようになることを目指しています。


また、グリーンな(環境に配慮した)建築については、2025年までに太陽光発電の導入量を4倍にする、2030年までにリサイクル率を70%以上に高めて埋立ゴミを減らす、2030年までに地元の食料生産量を30%にするなどの目標をしっかりと定めています。気候変動に関するシンガポールの目標は、「シンガポール・グリーンプラン2030」にまとめられており、誰もが参加できる生きた計画として、持続可能な社会のための解決策を共創しています。


シンガポールパビリオンは、環境への影響を最小限に抑えた自給自足の生態系として設計されており、会期中のエネルギー消費はゼロです。パビリオンのエネルギー需要の100%は、屋上に設置された517枚のソーラーパネルでまかなわれます。また、逆浸透膜を使用して敷地内の塩分を含んだ地下水を脱塩し、灌漑や霧吹きなどさまざまな用途に使用できる循環型水システムを備えています。


パビリオン内には、シンガポール原産の植物をはじめ、さまざまな植物が植えられています。パビリオン外周に植えられた樹木やヤシの木で構成されるキャノピーは、強風に耐え、来場者に日陰を提供し、パビリオン内に微気候を作り出しました。太陽の光を屋根からパビリオンの内部空間へと導くサン・パイプ。太陽の光を模した照明器具とともに、自然光の少ない奥まった室内でも植物が育つように光を調節しています。このように自然と建築がシームレスに融合・共存する姿は、「自然の中の都市」というビジョンと共鳴しています。


大きな屋根のキャノピーシェルターと豊かな植栽、そして戦略的に配置されたドライミストファンが、砂漠の暑さにもかかわらず快適な体験を提供します。ドライミストファンは細かい霧を発生させ、蒸発散冷却と組み合わせることで、エネルギーを大量に消費するエアコンを使わずに体感温度を6~10度下げることができます。


飲食メニューは、食品以外の廃棄物を最小限に抑え、「エコ・ダイジェスター」で処理できる廃棄物は、中水とリサイクルできる廃棄物に簡単に分けられるよう設計されています。これにより、リサイクルのために敷地外に運ばなければならない廃棄物の量を減らし、ごみ処理室にエアコンを設置する必要がないため、エネルギーの節約につながります。


このパビリオンは、砂漠の環境下でも、建築環境が自然と共存し、エンドユーザーにとって快適であることを実証しています。住みやすく強靭な未来の都市のプロトタイプとして、意識的な設計と革新的でスマートな都市ソリューションの意図的な適用による持続可能な開発というシンガポールの理念を反映しています。

ロシア - 無限の創造性の源泉

モビリティエリアに位置するカラフルなロシア館は、外側の地平線が内側の創造性を表しており、万博来場者に大変人気があります。ロシアは、音楽、芸術、発明の分野で世界最高のクリエイティブな才能を生み出しています。これらの成果は、未来への問いかけ、多様性を超えて理解し合い、人と人とをつなぐ原点となっています。

パビリオンでは、ロシアの科学的・文化的遺産について学び、ロシアの伝統料理、大衆文化、現代文化、ロシアのおもてなしを体験することができます。

未来へのビジョン

Expo 2020ドバイにおけるロシア連邦のナショナルデーの活動の一環として、ロシア館はドバイ展示センターで「ロシア・フォーラム...未来を切り拓く」と題したイベントを開催しました。

このイベントには、モスクワ市長のセルゲイ・ソビャーニンをはじめ、起業家精神、クリエイティブ産業、テクノロジー、イノベーション開発など、さまざまな分野の関係者や専門家が集まりました。

フォーラムでは、「クリエイティブエコノミー:スタートアップから新産業まで」「ロシアの技術輸出」など、重要なトピックが数多く取り上げられました。グローバルテクノロジーの文脈におけるロシアのテクノロジー企業、医療の未来:科学的発見の核となる人間の脳とデジタルインテリジェンス。

クリエイティブ産業

フォーラムの主催者は、クリエイティブ産業が世界経済を毎年12~15%大きく上回っていること、新型コロナの大流行にもかかわらず、2021年が「持続可能な開発のためのクリエイティブエコノミーの国際年」とされているように、この産業が世界経済の成長を牽引する原動力の一つであることを指摘した。クリエイティブセクターは、参加者が多様で地理的な境界を超え、私たちの未来を形作る若いプロフェッショナルを惹きつける主要な経済分野である。

モスクワの起業家精神とイノベーション開発の責任者であるアレクセイ・フォルセイ氏は、次のように述べています。"Expo 2020 Dubaiでは、ロシアのイノベーション部門を促進するための多くの世界的な主要イベントと同様に、現在、この部門の基礎を築き、それを支援する方法を皆さんと一緒に実験しています。" より豊かな生活を実現するために。

twofour54

Abu Dhabi Games and Esports Initiativeのゲーム事業部長であるSultan Al Riyami氏は、次のように述べています。 イノベーション分野の発展には、それをサポートするインフラが必要です。アブダビのtwofour54メディアゾーンは、過去10年間、特に映画分野の革新的な産業に関して、驚くほどの投資額で成功を収めてきました。

また、ロシアは国土の8分の1を占める世界最大の国であることから、フォーラムでは、近年のロシアの投資環境改善のための施策や、ロシア地域との協力を希望する中東諸国にとって魅力的な分野についても触れられました。

電子市場

eマーケットと購入品の配送について、ロシア郵便のマキシム・アキモフCEOは、ロシア企業はeコマースネットワークを整備しており、世界人口の半数がロシアよりもeコマースの普及率が高い国に住んでいるという統計がある中で、このような取り組みを行っていると述べました。

フォーラムでは、ロシアの多様な地理、人口、気候が潜在的なパートナーに多大な機会を提供し、それぞれの地域が独自の競争優位性を持っていることが話し合われました。フォーラムでは、観光、芸術、革新的な開発、科学技術など、さまざまな分野で近代的な複合施設を設立しているロシアの各地域が紹介されました。


Mirai Group Japan はビジネスチャンスの芽をお届けするために、常に世界の最新イノベーションに敏感にアンテナを張り巡らし、その実現へのサポートを提供します。

0 views0 comments