ヘルス&ウェルネス:2022年5つのトレンド

年の初めは、2022年に向けて慎重に歩みを進める人も、自分自身の健康やウェルビーイングを振り返り、どこをどう改善すべきかを考える良い時期でもあります。マレーシアのビジネス誌『BUSUNESSTODAY』で取り上げられた「ヘルス&ウェルネス:2022年のトレンド5つ」について読み解きます。


新型コロナと不安感で満たされた1年を終え、健康を優先させるニーズがこれまで以上に高まっています。腸内環境のケアや体調バランス飲料の導入から、ハイブリッドジム・プログラムや最先端のウェアラブル技術まで、2022年に注目すべきヘルス&ウェルネスのトレンドがご紹介されています。

心と体のフィットネス

「健康な体、健康な心」という言葉を聞いたことがあると思います。体を動かすことが精神的に良いことは間違いありませんが、最近では、心と体の両方を動かすことが最も効果的であることが分かってきています。多くのフィットネスブランドやインストラクターは、精神と肉体の本質的なつながりを認識し、優れたワークアウトセッションと心に焦点を当てたプログラムの両方を提供する、よりホリスティックなアプローチを採用しています。


フィットネスのモチベーションや目標設定を共有するコミュニティ・プラットフォーム、マインドフルネスに関する専門家のポッドキャスト、ガイド付き瞑想セッションなどのサービスも提供されています。

免疫の健康

これはあまり説明の必要はないでしょう。今回のパンデミックで、感染力の強いウイルスに対する第一の防御線として、免疫システムを良好な状態に保つ必要性を痛感させられました。特に今年は、腸の健康にスポットライトが当たり続け、消化管マイクロバイオームが全身の健康や免疫に影響を与えることが多く取り上げられています。質の高い睡眠、運動、ビタミンの摂取に加え、より多様な食事とプロバイオティクスがますます重要視されています。

ハイブリッドジムとホームジム

2年近く続いたスポーツジムの閉鎖により、多くの人が別の方法で汗を流すことに慣れたのではないでしょうか。ある人はアウトドアで運動し、ある人は家庭用フィットネス機器やバーチャル・クラスに投資して自宅にジムを持ち帰りました。


規制が緩和され、ジムが社会的に遠い存在である顧客に対して慎重に門戸を開き始めても、多くの会員は利便性のために自宅でのワークアウトを支持し続けました。そのため、今年は、ジムがオンラインと対面式のセッションを組み合わせたハイブリッド型のメンバーシップを提供することになりそうです。

ウェアラブルテクノロジーの進化

身に着けられるフィットネス器具といえば、1日に歩いた歩数を数えるだけの怪しいものだった時代を覚えていますか?かつてのウェアラブル・ヘルス&ウェルネス・ガジェットは、人々がより活動的になることや体重を減らすことに重点を置いていましたが、今日のイノベーションは、健康全般をモニターし管理するための統合ツールになりつつあります。


例えば、Apple Watch Series 7は、血中酸素の測定、月経周期の追跡、心拍の乱れの警告、手洗いのリマインダーを提供します。スマートウォッチの他にも、スマートジュエリー、スマート衣料、スマートイヤホンなど、ウェアラブルテックの領域は、日常的に健康を増進させるものに広がっていくと期待されます。

アダプトジェニック飲料

ノンアルコール飲料への関心が高まる中、もう一つのトレンドがアダプトジェニック飲料のようです。アダプトジェニックとは、ストレスに対処し、適応するための伝統的な薬草療法を意味する言葉です。霊芝、バジル、高麗人参、ウコンといった成分の効能を謳う人が増えてきているので、近所のオシャレなカフェで抹茶ラテやスムージー、コールドブリューにブレンドされいても不思議ではありません。


Mirai Group Japan はアイデアの種、ビジネスチャンスの芽となる情報をお届けし、グローバル展開、国境を越えた人材開拓、ボーダレスなパートナーシップの実現へのサポートを提供します。

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示