• kondo847

コロナ禍におけるアジア、オセアニアの市場は?


2020年8~9月にジェトロ(日本貿易振興機構 )が、北東アジア5カ国・地域、ASEAN9カ国、南西アジア4カ国、オセアニア2カ国の計20カ国・地域に進出する日系企業に対し実施した、現地での活動実態に関するアンケート調査によると、コロナ禍にもかかわらずインド(50.9%)、パキスタン(53.5%)では過半の企業が事業拡大意欲を保ったとのことです。インドではそのうち84.2%の企業が「現地市場での売上増加」を、パキスタンでは73.9%の企業が「成長性、潜在力の高さ」を拡大の理由としました。

新型コロナからのビジネス正常化においては中国が先行、7割近くが2021年前半までとしている。このうち、4割以上の企業が2020年内の正常化を見込んでおり、調査対象国・地域の中でも際立った回復ぶりを示しています。

一方で新型コロナへの対応として、52.2%の企業がビジネスモデルの見直しを実施、または予定している。見直しの具体的な内容としては、在宅勤務やテレワークの活用拡大(53.8%)、バーチャル展示会・オンライン商談会の活用(24.6%)、デジタルマーケティング・AI利用(23.8%)など、企業のデジタルシフトが加速する傾向が出ているとのことです。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示