海外渡航するには


新型コロナウイルス感染拡大により、現在各地域で入国時にPCR検査の陰性証明書の提示が必要な場合がございます。

外務省のウェブサイトにて海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧 を確認することができます。

全ての入国者(日本人を含む。)は、出国前72時間以内の検査証明書を提出しなければなりません。上記に加え、入国拒否対象国・地域からの渡航か否かを問わず、全ての入国者(日本人を含む。)は、入国時の検査を受けた上で、検疫所長の指定する場所(自宅等)で14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことが要請されています。また、変異株への対応として、入国後検疫所長の指定する場所での待機が求められる国・地域が別途指定されています。

詳しくは、3 検疫の強化をご覧ください。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示