ドバイ:富裕層の移住先に最適

コロナ禍でシンガポールを避けて、制限が少なくオープンなドバイに住む富裕層が一層増えています。


1年のうち8ヶ月間、ドバイの気候は完璧です。 雲ひとつない青空が広がる暖かい日が長く続き、美しい海水がその美しさを引き立てます。

  • 社交的な生活もすばらしく、多様性に富んでいます。 多くの富裕層の移住者が到着後、ホテルやプライベートビーチのクラブに入会し、余暇の大半をその施設で楽しんでいます。

  • 首長国には、世界のどこよりも多くのスポーツやスポーツクラブが密集しています。

  • 外食は格別です。ドバイのバー、クラブ、レストランは、幅広い嗜好に対応しています。

  • また、ドバイの教育水準は高く、ほぼ毎年、新しい学校や大学が建設されています。

  • 国際的な大企業はすべてドバイに拠点を置いています。 つまり、たくさんのチャンスがあるのです。

  • 所得に税金がかからない。そのため、ドバイで高所得を取り、その一部を本国に送金することも可能です。

  • ドバイ首長国には主要な国際空港があり、世界各地からのフライトを受け入れているため、ますますアクセスしやすくなっています。

  • ドバイのショッピングは最高です

  • 生活水準は非常に高いです。

  • 犯罪は非常に少ないです。

  • ドバイは非常に寛容な首長国で、外国人の信仰や生活様式に寛容です。 また、イスラム教のルールを日常生活に適用するという点では、最も寛容な国のひとつです。ラマダンの期間中も飲食が認められています。

  • タクシーは非常に安く、政府は公共交通機関に多大な投資をしています。

  • 車もガソリンも非常に安い。

  • 家庭には家事手伝いがいるのが普通です。

ドバイの富は石油産業によって築かれましたが、経済の多角化に成功し、今日では観光、不動産、金融サービス、医療、教育など、複数の分野が財政力を支えています。

ドバイ首長であるムハンマド・ビン・ラーシド・アル・マクトゥーム殿下は、アブダビ首長国とともに、国の重要事項に関する議会での拒否権を持っています。

その結果、例えばドバイでは外国人が特定の不動産を自由保有権で所有することが認められていますが、これはUAE内の他の首長国には当てはまりません。


ドバイが外国人富裕層の間で非常に人気の高い都市となっている魅力はまだまだあります。

2008年にリーマンショックが世界を襲ったときにも、ドバイは好景気に沸いており、雇用も豊富で、不動産市場にも強い投機機会があふれていました。

世界中の富裕層にとって、ドバイの気候、レジャー施設、ゆったりとした生活リズム、教育・医療水準の高さなどが魅力的なのです。


ドバイおよびUAE(アラブ首長国連邦)に関するビザ取得、不動産、ビジネス展開、現地法人設立、ビジネスマッチングなどの情報は、Mirai Group Japan におまかせください。

Mirai Group Japan はドバイをはじめ世界各国に拠点を持ち、現地スタッフでなければ不可能なサービスや現地の有力なつながりを提供します。グローバル展開、国境を越えた人材開拓、ボーダレスなパートナーシップの実現へのサポートを提供します。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示