インドがユニコーン企業数で英国を抜いて世界3位


インドでは33のユニコーン企業が誕生したことで、英国を抜いてユニコーン数が世界第3位に浮上しました。 ユニコーン企業とは「評価額が10億ドルを超える未上場のスタートアップ企業」のことを言います。

前年は、ユニコーン数でインドは4位でした。Hurun Research Instituteがまとめたデータによると、1位と2位を占める米国と中国が大きくリードしています。

米国では254社のユニコーンが追加され、現在487社がランクインしており、中国では74社が加わり、評価額10億ドル以上の新興企業301社がランクインしているという。

この上位2国で全世界のユニコーン企業の74%が占められ、リスト全体では673社が「新顔」、201社が脱落したとのこと。

このうち、28%にあたる162社は上場や買収によってユニコーンリストから「昇格」し、7%にあたる39社は評価額が10億ドルを下回り、「降格」しています。

同研究所は、今世紀に設立された企業を考慮してユニコーンを決定しており、リストは2021年11月時点のものです。

英国の新規ユニコーンは15社にとどまった結果、合計39社となり、インドに追い越された、とのことです。

Hurun Report Indiaのマネージングディレクター兼主任研究員のAnas Rahman Junaid氏は、「インドはスタートアップブームの真っ只中にあり、ユニコーンの数を2倍以上に増やして54にし、英国を抜いて世界第3位になった」と述べている。

同氏によると、国内企業に加えて、インド人が海外で創業したユニコーンが65社あり、主にシリコンバレーで創業しています。

Mirai Group Japan では世界のビジネスシーンの動きを敏感に察知し、国際ビジネス展開に最適なサポートをご提供いたします。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示