インドネシアの新首都の名称発表「ヌサンタラ」


スハルソ・モノアルファ国家開発計画相は月曜日(1月17日)に、東カリマンタンに計画されているインドネシアの新首都の名前は「ヌサンタラ」となると発表した。


モノアルファ氏によると、大統領の指示により、インドネシア語で群島を意味するヌサンタラという名称が確定された。

また、新首都を県にするか市にするかはまだ決まっていないが、会議では県レベルと同等にするべきだとしている。


ジョコ・ウィドド大統領が、国の首都を巨大都市ジャカルタから、東カリマンタン州の辺境の摂政ペナジャム・パセール・ウタラとクタイ・カルタネガラに移すと発表したのは2019年。

インドネシアの経済活動の大部分は現在の首都があるジャワ島に集中しているため、この移転は沈下して混雑したジャカルタを救い、カリマンタンやインドネシア東部を開発するために必要だと考えられている。

466兆ルピア(3.73兆円)の新首都プロジェクトは、2020年に着工する予定でしたが、新型コロナの大流行により、当局はこのプロジェクトの延期を余儀なくされていた。


新首都の議論は昨年も続き、バリ島の著名な彫刻家であるニョマン・ヌアルタが州庁舎の設計者として発表された。国の象徴である神話上の鳥ガルーダをモチーフにした最終デザインがウィドド氏により承認された。

スリ・ムルヤニ財務大臣とバスキ・ハディムルジョノ公共事業・公共住宅大臣が今月、新首都建設地を訪れ、建設準備状況を視察。

国会は今月中に新首都の法律案を可決する予定で、建設はすぐに着工され、2024年に移転が開始されることになる。


首都移転にともなって様々なビジネスチャンスが生まれています。Mirai Group Japan はインドネシアに強固な拠点を持ち、現地スタッフが現地ならではの情報、ネットワークをもって、国際ビジネス展開に最適なサポートをご提供いたします。




閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示