• 美花 田中

フランチャイズ

海外進出と言っても様々な形の企業や考え方があります。

例えば、

□現在、海外に拠点はなく、今後とも海外での事業展開は考えていない

□いまのところ海外進出は念頭においてない

□海外に拠点を置く余裕がない

□人材や資金、海外進出のノウハウなど、様々な経営資源の不足


そんな理由の背景には

✖️海外拠点の運営を担う人材の確保が困難、

✖️海外進出に対するボトルネックである状況が解消されていない

✖️コストに見合わない

など否定的な意見の企業もあるようだ


費用対効果を考慮した結果、企業戦略として

海外進出という手法を取らないとする企業もあった。



一方、国内市場がメインの企業においても、今後の成長のためには海外市場の取り込みが不可欠だと認識が広がっているのも事実で「海外市場向けに特化したものづくりの体制をつくる」という

精力的な企業もあるようだ。


海外需要を確実に取り込みたいという

熱意が強くなっているものの具体的にどう動いたら良いのか対策案がなく結果に繋がらないのだろう。



例えば、海外に拠点を自社で置くのではなくフランチャイズで

世界の国独自に任せてしまうのはどうだろうか。





そうすることにより運営を担う人材確保の心配もなくなるだろう。

自国民が自国のやり方でニーズに合った商品のやり取りをして

貴社の儲けに繋がるならリスクも軽減されるし貴社の海外進出ではないが

貴社の商品を世界に広げることは可能となります。





弊社はそんなサポートや相談も受け付けております。




最新記事

すべて表示