• kondo847

海外へフランチャイズ展開


サービス業の取引は、大きく「直営」「フランチャイズ」「越境EC」の3つの形態に分かれます。この中のフランチャイズとは、本部(フランチャイザー)が加盟者(フランチャイジー)に対して、特定の商標や商号等を使用する権利を与えるとともに、フランチャイジーの物品販売やサービス提供、その他の事業・経営について統一的な方法で統制、指導、援助を行い、これらの対価としてフランチャイジーがフランチャイザーに金銭を支払う事業形態を言います。

フランチャイズの第一のメリットは資本力の小さな企業でも、他者の経営資源を活用することで、少ない資金や人材でも急速に広い地域に多店舗展開することが可能な点です。また、店舗レベルで高い販売意欲を維持することができ、さらに、フランチャイジーが保有する地域ネットワークを活用することが可能であることも挙げられます。フランチャイザーは加盟金やロイヤルティを徴収することにより安定した経営ができます。

海外にフランチャイズを進出させるということは、競合の無い(少ない)地域を選んで展開できるので、大きな優位性が得られます。その地域の住人にとっては、まだ見たことのない新しい商品、あるいはサービスが日本から進出してきたというだけで、大きな魅力なのです。

海外フランチャイズ展開においてカギとなるのは、フランチャイザーの営業政策を地域特性に適合させることです。そこで必要となるのは、地元の言語、文化、商経済習慣、そして人脈やビジネスのネットワークに精通したコネクションです。Mirai Group Japan は世界各国にグループ、パートナー企業を擁し、「海外フランチャイズ展開」のために最適な、現地密着のスタッフならではのサポートを提供いたします。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示